業務スーパーでパケ買いした「SABAオリーブオイル漬け」で時短料理

激安店
にゃんぴ
にゃんぴ

こんにちは、にゃんぴです。

業務スーパーへ買い出しに行ったら、とてもオシャレなパッケージデザインのさば缶詰が目に留まり衝動買いしてしまいました。オリーブオイル漬けなので、油も余すことなく使える「鯖缶でカレー」を作る事にしました。

 

ここ数十年程、何度か「缶詰」ブームが巻き起こり、高級で美味しそうな缶詰食材が世間を賑わせていますが。ミーハーな管理人・・・その波に乗って、食べもしない缶詰の山が出来ています。

その山に新たな仲間が加わりそう・・・

思わずパッケージ買いた「さばオリーブオイル漬け」「さばオリーブオイル漬けガーリック」の二缶。

缶詰山の仲間入りを阻止するために即料理せねば!と決意し、手元にある材料で時短料理しました。

 

パッケージデザインが可愛いSABA缶

ギフト雑貨店で取り扱っていそうな可愛いパッケージデザインのさば缶詰。

見た目だけで衝動買いしたので、帰宅後に商品の特徴を調べてみました。そしたら「これは買って正解!」と自分を褒めたくなる缶詰だと発覚!

SABAオリーブオイル漬け

内容量:150g

SABAオリーブオイル漬けガーリック

内容量:150g

国内で水揚げされた鯖を使用。

国内の製造工場にて一つ一つ丁寧に加工。

保存料・化学調味料は無添加

ガルシア社のエクストラバージンオリーブオイルを100%使用。

取り扱いメーカー:富永貿易株式会社

 

オリーブオイルを使い切る料理に!

オリーブオイルにさばの栄養が染み出ているので、余すことなく食べれるバケットやパスタ・ピザにして食べるのもいいし、素麺やサラダの具材、マリネ和えも良いかと思います。

今回は、一緒に購入したハチ食品のカレー粉も使える「さば缶カレー」にすることにしました。

使用したさば缶カレーの材料はこちら。

鯖の缶詰カレー 材料

 

さばオリーブオイル漬け缶詰で手抜きカレー

所要時間 20分 という、とてつもないズボラ手抜きカレーです。

 

 材料 

A. おろしニンニク・・・大匙1

A. おろしショウガ・・・大匙1

A. クミンホール(無くてもよい)・・・大匙1

A. さば缶のオリーブオイル・・・二缶分

A. みじん切り玉ねぎ・・・中玉1個

B. カレー粉・・・大匙3

(+好みでガラムマサラ、チリパウダー等・・・無くてもよい)

C.さば缶のさば・・・二缶

C.トマト・・・1個

 

 作り方

1.Aをフライパンへ全投入し炒める。

鯖の缶詰カレー 玉ねぎ生姜ニンニクを炒める

2.香りが立ったらBを1に全投入し混ぜ炒める。

鯖の缶詰カレー カレー粉投入

3.Cを1に全投入し、馴染ませるよう炒めたら・・・

鯖の缶詰カレー 材料全投入

完成!

鯖の缶詰カレー 完成

 

超簡単!さば缶カレーの完成

鯖の缶詰カレー 完成

今回は、タンパク質増々で、ストックしておいた水煮大豆も投入しました。

いつもながら、映える写真では無いので味が伝わらないのが申し訳ないですが、ずぼらメシのわりには満足度の高い出来でした。

カレー粉は多めに入れていますが、カレー風味のさば缶炒めといった感じです。メインでも副菜でも通じる味付けだと思います。

 

まとめ

にゃんぴ
にゃんぴ

国内水揚げのさばを国内で製造し、エキストラバージンオリーブオイル100%使用。美味しいのは当たり前で、栄養価も高く和洋幅広く時短料理できる!このクオリティで1缶250円ほどとは・・・しかもパッケージデザインも可愛いので見せる収納出来るのが嬉しい。保存期間も3年なので備蓄食品としてストックしておきたい一品です。

 

オリーブオイル漬けなのでシーチキンのような若干のパサつきはありますが、骨まで柔らかく煮込まれていて魚の臭みは感じませんでした。味付けもちょうどよい塩梅です。シンプルにバケットに挟んでも美味しいし、納豆アボガド丼にプラスしても美味しいです。

ガーリック入りの缶詰は、開封した瞬間にモワンとした匂いが噴出し味が心配でしたが、そのまま食べてみると思ったほどニンニク臭はせず優しい味付けでした。逆に、ニンニク好きの方には物足りない味かもしれませんね。

思わずパケ買いした缶詰でしたが、缶詰山の仲間入りをさせる事なく、無事に即消費できたので一安心。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました